プロフィール

あらかわさん

Author:あらかわさん
荒川なお 1977年7月16日生まれ 40歳 板橋区出身 日本共産党板橋区議会議員  区民環境委員 危機管理対策調査特別委員 監査委員
趣味 フットサル・美術・水泳・マラソン・旅行 東洋美術学校卒業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

統廃合ありきではなく、もっと保護者の声を聞くべき

 6月5日、大山小学校の存続か?統廃合か?今後を考えるための協議会がおこなわれました。最も大事なことは、教育委員会が、保護者の声をしっかり聞くことです。現段階では、多くの保護者がこの協議会の存在さえ知りません。知っていても共働きの保護者も多く「時間を合わせることは、困難だ」という人もいます。
参加した保護者から「もっと声を聞くべだ」という意見が出されました。教育委員会は「6月22日までに保護者会、個人面談をおこない声を聞く」と答弁(ちょっと前進したかな!)他の参加者から「協議会で使われた資料は統廃合のための資料に思える」との声もありました。本来であれば、協議会の資料は、協議する人たちに対して、諦めさせるものであってはいけません。今後は、協議会に参加している人たちのことを考えて、資料を作ることを求めます。
 大規模な学校と小規模な学校の差が広がっていますが、今年になって、杉並区で学校選択制が廃止が決定しました。板橋区でも選択制のあり方が大きく問われています。
 協議会を傍聴してましたが、PTA、町会の方たちが真剣にこの問題に向き合っていました。その姿は児童にとって欠かせない存在です。私は大山小学校の近くで、ずっと生活をしてきましたが、こういう人たちに支えられていたんだと改めて実感しました。
 この協議会が大山小学校に通う児童のために、そして多くの児童の今後に、役立つ場になることを求めます。
 

スポンサーサイト

コメント

Secret