プロフィール

あらかわさん

Author:あらかわさん
荒川なお 1977年7月16日生まれ 40歳 板橋区出身 日本共産党板橋区議会議員  区民環境委員 危機管理対策調査特別委員 監査委員
趣味 フットサル・美術・水泳・マラソン・旅行 東洋美術学校卒業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

再び日本共産党を躍進させ、東京から流れを変えよう

本日、日本共産党街頭演説をときわ台駅前で開催しました。沿道には子育て世代の姿も目立ちました。
応援弁士として挨拶に立った区内で子育て中の女性は「これまで日本共産党の奮闘もあり4年間で都内の認可保育園が53000人分増えた。それでも、まだ足りません。さらに保育園を増やすめに、とくとめさんに頑張ってほしい」と訴えました。
2期目に挑戦するとくとめ道信都議選は、「大型道路などの開発に多額の予算を注ぎ込む一方で、都民のための福祉は後退している。税金の使い方を切り替えるためにも私への支持をお願いしたい」と訴えました。
メイン弁士として登場した志位委員長は、加計学園の問題について「国の税金は国民のためのものであり、安倍首相の友達の物ではない。臨時国会を開催し、疑惑の徹底追及をおこなうべきである」と訴えました。
また安倍首相の改憲発言について、「改憲は自民党の代表としての発言で総理大臣としての発言ではない」という首相の発言を批判。「憲法9条第2項を事実上なくそうとする政府に対して都議選で審判をくだそう」と訴えました。
また最大の都議選の争点となる「築地市場の豊洲移転問題」について「一貫して食の安全安心を守ることを主張してきたのは日本共産党だけ、先日、築地の労働組合委員長が『築地市場を堂々と歩けるのは政党では共産党だけですよ』と言われたこと」を紹介。それだけ市場のみなさんにとっても欠かせない存在になっています。
最後に「とくとめさんを再び都政に送り、東京の福祉を取り戻そう」と訴えると大きな拍手が起きました。
スポンサーサイト

コメント

Secret