プロフィール

あらかわさん

Author:あらかわさん
荒川なお 1977年7月16日生まれ 39歳 板橋区出身 日本共産党板橋区議会議員  都市建設委員 まちづくり調査特別委員長
 趣味 フットサル・美術・水泳・マラソン・旅行
 東洋美術学校卒業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

「今の政治を変えたい」

 消費税増税、原発再稼働など国民の求めている方向とは違う方へ・・・今日も近所の方が「消費税なんて上がったら大学に通う孫の生活は、ますます苦しくなる・・高い学費で生活費が削られて、更に増税となれば・・・」という切実な声・・この声を板橋区政に生かしたいです!
 私はこの1年間、文教児童委員会などで、学校施設の改善、定員数の多い学童のスペース確保など取り組んできました。2年目の今年は健康福祉委員になりました。今、生活保護が大きな問題になっています。難しい問題なだけにしっかり議論する必要があります。
 日本共産党板橋区議団の新しい常任委員会構成は以下の通りです。

 企画総務   松崎いたる、竹内愛
 区民環境  ○小林おとみ
 健康福祉  ○かなざき文子、荒川なお
 都市建設  ◎熊倉ふみ子、大田伸一
 文教児童   いわい桐子
 ※ ◎委員長 ○副委員長

みんなで良い区政を!実現しましょう。
スポンサーサイト

レンジャー訓練は災害訓練とは違います

 5月28日、西台駅前で須藤武義、宮本とおる両衆院予定候補、田村智子参院議員、松崎いたる、いわい桐子両区議と共に「住宅街、商店街でのレンジャー訓練中止」を求めて街頭宣伝をおこないました。画像 189
 近所に住む女性は「道が狭いのに、こんな所で自衛隊がレンジャー訓練をおこなうのは危険だ」と話します。ほかにも関心を持ち、足を止めて演説を聞く人の姿もありました。
 憲法9条を守るためにも、区民の力でこの計画を中止させる必要があります。

災害時に、どんな対応をするの?

 5月26日、水防訓練に参加してきました。(写真は浸水を防ぐために土のうを積む消防団員)画像 184
 そして近くの川が氾濫し、住民を救助する訓練がおこなわれました。(屋根の上から住民が助けを求める)ヘリコプターから降りてきて救助するなど本格的な訓練を見ることができました。この日は晴天で気持ちの良い風が吹いていましたが実際には(そうもいかない)・・・画像 186

 昨年の東日本大震災、大雨、台風などで被害が出ましたが、そんな時、何ができるのか?知る必要があります。場合によっては自分たちが救助しなければならないことも予想できます。防災などの訓練の重要性を改めて知りました。訓練参加のみなさんお疲れ様でした。

中学生たちが「心ひとつに・・」

 以前は秋に運動会をやるのが当たり前でしたが、最近は5月下旬ごろにおこなう学校もあるようです!今日は志村2中、中台中で運動会を見てきました。
 志村2中では各部活動ごとに自分のクラブをアピールしながらリレー?部活対抗リレーですか?バスケットボールでドリブルしながら走る姿もありました(すごい良かったです)・・2人wa一緒という競技(フラフープに2人で入り一緒に走る)この競技も楽しく見させてもらいました。
 中台中では「3年生のムカデ競争」・・夢中になってた20年前を思い出しました。各クラス男女ともに転ぶことなくゴールできたのは、すごい団結力だなと思いました。
 今日、改めて中学生の持つ力、可能性を知りました。運動会に参加した中学生、先生方、運営に協力したみなさんお疲れ様でした。
 

子ども・子育て新システムを撤回させよう

先日、蓮根駅前で宣伝をしていたら保育士をしている方から「子ども・子育て新システムが導入されれば子どもたちの安全は守れない この新システムを撤回してください」と切実な声が寄せられました。5月23日付けの赤旗新聞に4月半ばから「毎日どこかで訴えよう!リレー大宣伝行動」がおこなわれていると報道がされていました。この新システム撤回を求める署名に共感が広がっています。「企業が参入したら、保育士の労働条件が悪くなり、事故につながるのではないか」と不安の声も寄せられています。
国会で審議されていますが、もっと世論を大きくして撤回させましょう。

市街地での自衛隊レンジャー訓練の危険性は?

 自衛隊が荒川河川敷から練馬駐屯地まで住宅街を訓練するということで・・どんな訓練なのか?防衛省の担当者が説明をしました。須藤武美、宮本とおる両衆院予定候補、吉良よし子参院予定候補、田村智子参院議員、かなざき文子、熊倉ふみ子、小林おとみ板橋区議会議員など参加しました。今回の訓練は約3カ月に及ぶ過酷な訓練の最終段階で、疲労蓄積で極限状態であることが予想されます。驚いたのは「訓練中、過去に死者が出てた」とあっさりと認めたことです。命を軽くみているように感じました。(写真は防衛省に質問する参加者)防衛省は、訓練するコースがどんな場所なのかほとんど知りませんでした。「警察が指定したコース」とのこですが、何を根拠に指定したのか?わかりません。画像 182

 この訓練は防災や災害対策ではないこともわかりました。憲法9条を持つこの国で、白昼に住宅街でこんな行動を認めることはできません。

今朝、空に輪が…

金環日食は1987年の沖縄以来・・首都圏では173年ぶりです。今朝はいつもより早めに通勤、通学に向かった人が多かったようですね・・登校中の高校生から「今日、日食ですね」と言われ・・みんなすごい関心だと気付かされました。(遅い!)そして上板橋駅前で宣伝をしている時間に金環日食を見ることができました。次はいつ見えるのかな?そう何度も見れるものではないので!この瞬間に・・みなさんクギヅケでした。(私の配っていたビラは一時的に見向きもされず・・)当然か・・私も通勤途中の方にメガネを借りて見ました。短時間ですが綺麗でした。ちょっと得した気分になりました。「メガネを貸してくれた方、ありがとうございました」
 明日は雨の予報ですが・・「今日じゃなくて良かった」と感じた人が多いのでは・・・

スポーツ界でベテランが大活躍

 プロ野球界では、日本ハムの稲葉篤紀選手、ヤクルトの宮本慎也選手が相次いで2000本安打に到達しました。年齢だけ見れば普通の会社ではまだ若手かもしれませんが、スポーツ界では大ベテランです。この2人のプレーを何回か生で観戦したことがあります。今も当時と変わらず活躍する姿は、見る人を引き付けます。ソフトバンクの小久保裕紀選手も2000本安打目前ですね・・私が高校生の時にホームラン王を取ったことを記憶しています。今も現役で活躍し続けていることは本当にすごいです。
 そして大相撲では旭天鵬が37歳で初優勝!!6日目から10連勝と・・正に快進撃でした。来場所以降の活躍を楽しみにしています。
 今年はベテランがスポーツ界を引っ張っていますね・・もうすぐサッカーワールドカップ予選、オリンピックが開催されます。選手のみなさん頑張ってください。 
 

帰宅困難者に板橋区の防災情報を

 昨年6月の一般質問と10月の災害対策特別委員会で私が「街区案内板にQRコードをつけて、携帯電話から、区が発信する防災情報などにアクセスできるシステムを」と提案していましたが・・実現しました。
 
画像 181
(写真は坂下の五桜町会の掲示板)右側の黄色い部分です。
 3月11日の東日本大震災で、多くの帰宅困難者が出ました。教訓をいかす意味でも貴重な第1歩だと思います。区民のため、板橋区を利用する人たちのためにこのシステムを周知していく必要があります。
 今、板橋区は防災計画の見直しをしています。災害時に何をどうすれば良いのかを伝えられるようにしたいです。

自衛隊が住宅街で軍事訓練?

 6月12日、荒川河川敷から練馬駐屯地まで自衛隊が軍事訓練をおこないます。まず区民の生活に影響はないのか?を知るために、日本共産党のかなざき文子区議会議員、須藤武美衆院予定候補、吉良よし子参院予定候補と共に訓練予定のコースを歩きました。画像 178
(写真はヘリコプターから自衛隊員が降りてくる予定の場所)すぐ隣には子どもが遊ぶ遊具が備えられたスペースがあります。何も知らずに遊んでいる子どもがいたら大変なことです。
 土手から一般道に向かうと・・道が狭い・・工場が多いからか?トラックの交通量が多い所です。こんな所で訓練などして大丈夫なのか?この周辺で働く人たちの仕事に影響がでるのでは?と心配になりました。画像 177
(写真は自衛隊が訓練を予定する一般道)
 更に進むと舟渡大橋があります。この手前に公園があります。保育園児が3グループも!遊んでいました。ここに予想もしない武装した自衛隊員が来ることに・・本当にいいの画像 176
?(写真は公園で遊ぶ子どもたち)少し歩いただけで問題はたくさん出てきました。そして西台駅前は人が多くなります・・西台中央通りを進み坂を登り志村5小の方へ向かうと更に歩道が狭くなります。普通に歩いていても危ない道・・途中には、いこいの家や保育園もあります。そこで自衛隊の訓練となれば・・・
 訓練予定のコースの近くには小学校4校、中学、高校、大学が1校ずつあります。予定コースを外すことも有り得るらしく・・授業に影響出ないとは言えません。
 そして東上線の踏切を渡り・・練馬区へ・・すぐに商店街に入りますが・・買い物客は?商店街の人は?訓練を見て何を思うのか?
 この訓練は災害、防災の対策とは全く関係ありません。何で住宅街で軍事訓練なのか?そもそも武器を持たない、戦争しないと決めた憲法9条に違反するのでは?私たちの生活を何だと思っているのか?教育の立場から考えても悪い影響を及ぼす可能性があります。私は、歩いてみて改めてこの訓練を認めることはできません。 

学校選択制って本当に良かったの?

 板橋区は学校選択制ができて9年目になります。今では700人を超える大規模な小学校があります。その一方で生徒が2ケタしかいない小規模な小学校もあります。選択制が導入されてから各学校の生徒数に差が出てきてします。そして小規模な学校が、生徒が少ないことを理由に、統廃合されそうになっています。行きたい学校を選択できるのがメリットなのに、統廃合したら学校が減り、選択肢も減ります。
 先月、杉並区が学校選択制を廃止することを決めました。「この学校が生徒が少ないので廃校になるのでは?別の学校に行きたい」という風評被害が出たり、「校舎が新しいから」など本来の目的と違う理由で学校を選択するケースが多くあったようですが・・「イジメを防ぎたい」「入りたい部活が学区域にない」などの理由ならば今後も選択制を認めるようです。
 今、入学する生徒が減っている、大山小学校で協議会を行っています。「町会などとも協力して学区域内の入学予定者に入学してもらうよう努力がができる」など前向きな意見も出されています。板橋区教育委員会に対して「統廃合ありきではなく、しっかりと地元の声を聞くこと」を求めます。
 小規模校を簡単につぶさせるようなことはさせません。みんなで声をあげていきましょう。

日本共産党を伸ばして・・・

 5月12日、日本共産党演説会をおこないました。笠井亮衆院議員、須藤武美衆院東京11区予定候補、吉良よし子参院予定候補、とくとめ道信都議予定候補、ふるだて和憲都議会議員が党への支援を訴えました。
 吉良よし子予定候補は「雇用を安定させて、サービス残業をなくし、就職難を解決させたい」と決意を語りました。
 笠井議員は「所得税の最高税率を5%上げるというが、400億円しか税収が増えない。一方で国民には13兆5000億円の消費税増税を押しつけようとしている。能力に応じた負担こそ必要だ」と訴えました。
 来年の夏までに3つの選挙がおこなわれます。私も国民生活を優先する政治実現のためにみなさんと頑張ります。(写真は党への支援を訴える。ふるだて都議)画像 173
 私ごとですが・・この日、初めて演説会の司会をやりました。参加したみなさんお疲れ様でした。

世論が原発をストップさせた

 原発が42年ぶりに稼働ゼロになりました。これは「さようなら原発」の声をあげてきた国民の大きな成果です。でも、今は一時停止をしているだけです。今後の運動が今まで以上に大事だと思います。原発に代わる新しい自然エネルギーは?電力会社が地域を独占するシステムを変えられるのか?この夏が大きな闘いになると思います。
 ただ我慢して節電だけしていたら闘いには勝てないと思います。原発に代わる新しい自然エネルギーは?何か?お金より大事な命の存在がること、それを子どもたちにどうやって引き継いでいくか?考えていく必要があると思います。

若者の就職難が続き…

5月8日付け読売新聞夕刊に「就活失敗し自殺する若者急増」という記事がありました。4年間で2.5倍です。本当に深刻な問題だと思います。この記事に就職難の背景にリーマンショック、東日本大震災の影響が影響しているとあります。もちろんそれも原因のひとつだと思いますが、正規労働者が減り、不安定な非正規労働者が増え続けている。それを政府が後押していることが私は大きな原因だと思います。
私は相談できる場が少ないことも原因だと思います。板橋区には若者サポートステーションという就職などの相談施設があります。就職に悩む学生は多いと思いますが、もっと若者が相談しやすい環境をつくっていきたいと思います。
自己責任ばかり強調されいますが…将来をしょって立つ学生がもっと学びやすい環境をつくり、その知識を社会に生かすことが社会の発展に欠かせないと思います。
私も学生と接する機会がありますが、本音が言えず1人で苦しんでる学生がいると思います。相談できる場があることをもっと知らせていきたいです。

サッカー観戦in日本平

 久しぶりにアウスタ日本平スタジアムへ行ってきました。清水エスパルスVS鹿島アントラーズの試合です。この日は私が応援する画像 169
エスパルスの若手選手たちが大活躍し3-0で快勝しました。しかも実力あるアントラーズ相手に良いプレーを見せてくれたのでうれしいです。この試合のベストプレーは高木選手のクロスに大前選手が決めたボレーシュートです。ゴールデンウィークということもあり大勢のサポーターがつめかけました。今後も熱いプレーを期待しています。選手のみなさん、サポーターのみなさんお疲れ様でした。

憲法9条を守ろう

5月3日は今年で65回目の憲法記念日です。私たちは、この憲法と共に生活をしています。しかしここ数年の間に、この憲法を変えようという動きが特に政府の中で強まっています。「古くなったから改憲する」という理由を聞いたことがあります。確かに65年は長いですよね!でも国民生活に欠かせないモノなら古くても続けて良いと思います。
特に9条はみんなに愛されてますね(^O^)マスコミが改憲をあおっても「憲法9条は変えないほうがいい」が55%と過半数w(°O°)w(朝日新聞調査)でした。私も2004年の9条の会発足してから、この世論が高まっていることを実感しています。5月3日には全国各地で「憲法守れ」の声が広がりました。今後もみんなで声をあげていきましょう。