プロフィール

あらかわさん

Author:あらかわさん
荒川なお 1977年7月16日生まれ 39歳 板橋区出身 日本共産党板橋区議会議員  区民環境委員 危機管理対策調査特別委員 監査委員
趣味 フットサル・美術・水泳・マラソン・旅行 東洋美術学校卒業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

2月29日 補正総括質問

 この日が初めての補正総括質問となりましたが(やはり緊張しました。)今、多くの小・中学校で雨漏りがありますが(*_*)中には職員室でバケツを並べないといけない所も(ひょえー)・・・早急に改修をおこなうように求めました。すると先日、視察した板9小では雨漏りを防ぐための工事が開始されたことが報告されました)また教育委員会が「学校の雨漏りは緊急工事の対象になる」と・・・だったら早く雨漏りをなくす対策をするべきでは?誰もが思うことです。予算を言い訳になかなか進まない現状があります。しかし学校は生徒にとって最大の生活の場所です。そのことを区民のみなさんと声をあげていきたいと思います。
スポンサーサイト

思想調査は許されない

 大阪市長の橋下市長がおこなっているアンケート調査に対して・・何のためですか?マスコミでも取り上げられていますが意図するこがよくわかりません。本人は「思想調査ではない」と言うが・・・そもそもやっていいことと悪いことがあるはずで・・市の職員の考え方まで探るのはやりすぎです。プライバシーの侵害だし、こんなことを認めていたら市職員の働く環境が余計に悪くなるのでは?と思います。
  憲法19条で「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」と定められていることを理解したうえで、どう行動するか?考えるべきです。

若者の健康診断を実施してほしい

かなざき文子議員、小林おとみ議員と一緒に東村山へ…25歳~39歳までの無料の健康診断実施について視察をしてきました。「若いうちにか生活習慣病を予防すること…医療費を高くならないように…」が目的だそうです。受診対象は国保加入者で約8000人!そのうちの1600人(長蛇の列ができたそうです)w(°O°)w昨年7月に実施の時は休日のみだが!今後は平日の実施を検討しているそうです。 健診の結果がおもわしくない人は約100人(私は多いと思う)しかしまだまだ受診さえしていない人も沢山いるし…受診するだけでは…(うー)課題も多いようです。
国保加入者の多くは非正規労働者、無職の人が多く(若者も例外ではありません)その人たちが自ら健診をおこない、自分の健康状態を知る場があることは凄く大事です。板橋は(35歳から実施)…私ももうすぐ!課題は多いですが(・・;)25歳から健診の実施を板橋区で進められるように頑張ります。

区内の小中学校を視察

 2月6日~2月9日にかけて区内の小中学校を6校視察してきました。ある小学校の屋上のプールへ行くと富士山とスカイツリーが見えました「おー」(それはさておき・・・)3月11日の震災で多くのヒビが・・塗装してあるところもあれば事実上そのまま残されているところも(えー)更に雨漏り対策が遅れていて職員室の天井に大きなシミが・・板橋区に要望しても対応はなかなか具体化されない(どうして?)生徒にとっては最大の生活の場所なはず・・そしてある学校の体育館では・・またまた雨漏りが・・小学校は避難所としての機能もあるはずだが・・体育館の横のトイレは仕切りもなく小学生しか使えないような・・そして和式便所が1つだけ・・・早急な対応が必要かと・・しかし学校からの要望をことごとくスルーしている板橋区教育委員会って一体?とにかく生活しやすい環境を整えなければいけませんね・・区役所の南館の建て替えは必死なのにおかしいいですよね?

原発ゼロ実現のために

 各地で集会、パレード、学習会がおこなわれています。「原発なくしたい、でも本当になくせるの?」という声もありますよね?そんな方にぜひおすすめなのが・・・2月11日に板橋区のグリーンホール601で「住みよい板橋をつくる区民と勤労者のつどい」がおこなわます。その中で「原発計画に向き合う祝島民の姿から持続可能エネルギーを求めて」をテーマに島田奈津希さん(いたばしぶんぶんプロジェクト)が報告をします。
 午後は「原発・自然エネルギー」についての分科会もあります。私も参加します。みなさんも是非!参加を

板橋区は学校給食の検査実施してるの?

 昨年末に板橋区は「、幼児・児童・生徒 の摂取量が多い米と牛乳を新たに加え、献立上の出現頻度の高い食材や検査要望の多い食材などを中心に行います」と発表しました。先日の文教児童委員会で「要望の多い食材は?」と私が質問すると・・・「海産物が要望多いです」と答えが・・そして区のホームページを見ると・・アルゼンチン産の海産物を検査(@_@。(何で?)・・この産地を限定して要望した保護者がいたのか?(多分いない)・・まったく意味不明な行動をする板橋区だが・・このままでいいわけないですよね?・・福島原発事故で放射能がどう広がっているのか?を基準に海産物などを検査してほしいと思うのが普通では?そろそろ真面目に保護者の声を聞くべきでは?と思います。板橋区の認識は保護者の認識と遠いところにあることを実感しているところ・・「本当の意味での検査をさせます」ではまた・・