プロフィール

あらかわさん

Author:あらかわさん
荒川なお 1977年7月16日生まれ 39歳 板橋区出身 日本共産党板橋区議会議員  都市建設委員 まちづくり調査特別委員長
 趣味 フットサル・美術・水泳・マラソン・旅行
 東洋美術学校卒業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

青年のみなさんと交流

 カレーライスを食べながらみんなで交流!えっ何を?そうそう仕事の実態交流です。狭い人間関係に悩む人・・もっといろんな人と接ししたい(わかる)低賃金、長時間労働に悩む人・・・そんな中で病気になる一歩手前まで来た経験者も・・・自己責任だと感じて罪悪感を持つ人も・・しかし人間らしく働きたいという気持ちがすごく伝わりました。互いに理解をしあえる場所があることは大事ですね!(カレーライスおいしかった)写真は交流する青年たちです。画像 092
スポンサーサイト

まともな議論なしに区役所南館解体へ

 6月議会が終わりました・・・初めてのことだらけで!なんだかなー(なんて)この議会で最も争点になっていた区役所(南館)建て替え問題ですが共産党以外の全ての会派が建て替えに賛成してしまいました。一般質問で「今、やるべきでない」と言っていた議員も賛成(*_*)なんで?短期間で気が変わったのかな?「十分議論した」という議員もいて・・・いつやったんですか?と疑問だらけで・・その中で採択をおこない・・・8月に解体工事開始ですか(はー)・・・しかし多くの区民が「今、やるべきではない」と1ヵ月半で7500筆を超える署名が集まりました。みなさんの活動を無駄にしないためにも今後、頑張っていきたいと思います。傍聴に来てくれた、みなさんありがとうございました。

全国青年大集会

今年も10月23日に開催★私も参加します。集会名称がきまりました(^O^)「震災だから」じゃすまされない!まともな仕事と人間らしい生活を!全国青年大集会2011…震災を理由に派遣切りも更に進み…しかし被災地復興に向けてボランティアへ行く若者もいます(ガンハロ)いかなる時も政府が国民の生活をまともに改善させる必要があります。若い力でそのことを大きくアピールして集会を成功させたいです。みなさんも参加してください。

初の文教児童委員会に…

今、「放射能から子どもを守ってほしい」という声がたくさん寄せられています。保育園、学童に入れずにいる児童もまだまだいます。不安ばかりで嫌になる…不安の原因のひとつである!放射能はどこから漏れているのか?何が原因か?と言えば原発です。しかし他党のみなさんは原発には触れません。安全神話を信じているのか?それはわかりませんが…原発問題を放置すれば放射能問題の解決もできるはずがありません。板橋区は放射線測定を始めましたが…測る前から小学生にプールに入ることを認めたり…大丈夫?と感じることも多々あります。この問題は長期に渡りますが☆政府が安全と言えば安全(οдО;)これでは納得いくはずないので…根拠を示していく必要があると思います。

6/12東京青年大集会に参加

 10月23日におこなわれる全国青年大集会のプレ企画としておこなわれました。画像 090
シンポジウムが特に良かったです。福島の南相馬で農家をしていた青年の話は忘れられません。地震が起きそして津波が・・あわてて避難所へしかし車の中で寝ることに・・今度は福島原発が・・・また車で移動しようかと・・が!・・ガソリンが・・・現在は千葉で生活をしているそうですが「南相馬でまた農家をやりたい」と言っていました。この前向きなコメントには励まされました。私にできることはこの事実をまず若い人たちに伝えること・・シンポジストを引き受けた三浦早平さんに感謝です。

板橋区議会での初の一般質問

 うーすごい緊張しました。かなざき文子区議と共に6月10日に一般質問に・・・質問で日本共産党以外は原発のことを全く触れず・・私が区長に原発に対する認識を聞くと「原発は二酸化炭素を出さないので良い・・・」それだけですか?・・これは区民の納得いく回答か?(いかないと思います)・・そのほかに若者の雇用問題も取り上げました。また区役所南館建て替えも「今はやるべきではない」という質問が共産党以外の政党からも出されました(署名が6000筆超えたおかげか?)・・・そうそう地元の野球グラウンドの多目的化は実現の方向に向かっているので要求実現の第一歩かなと感じています。これからも頑張っていきますよー(みなさんと)

放射線量を調べずにヤゴとり?

6月7日付けの朝日新聞に投稿された記事を読みました。プールにたまった泥からヤゴをとって飼うという(授業)を小学校で毎年、やっているらしいが・・・「今年は中止か放射線測定をしてからやってほしい」児童の母が学校に手紙を書いたそうです。板橋区でも私の地元の小学校で「ヤゴ救出作戦」という名の(授業)がおこなわれたらしいが・・・私が子どものころはこういう授業は楽しくて仕方なかっただろう・・でも今は・本当にそれで良かったのか?各自治体で今、問われている問題だと思います(板橋区でも)ちなみに投稿した方の息子さんの学校では中止になり・・息子はがっかりしていたらしい・・この問題を辿ると原発は安全で放射能が漏れることを想定していない政府の(歴代も)含めて責任があると思います。